クラブプロフィール

 Club Atletico GIRASOLは、『全ての人に対して、サッカーを通してスポーツの振興ならびに、子供の健全育成に関しての事業を行い、不特定かつ多数の者の健康の増進に寄与することを目的とする』団体です。

組織・役員

役職 名前 備考
理事長 鈴木 理一郎
副理事長 脇坂 公博
副理事長
理事 永井 勇 愛知県知的障がい者サッカー連盟 理事
監事 大橋 伸司 國學院大學栃木高等学校サッカー部 監督

ビジョン

1、ワンランク上のスポーツライフを提供します。
2、世界で戦える選手育成を目指します。
3、会員家族みんなが幸せになれるクラブ運営を行います。

事業内容

・サッカーチームの運営とサポート事業
・知的障がい児・者のサッカーの普及と振興事業
・スポーツに関する各種大会・研修会の開催事業
・スポーツ指導者育成など、地域との協力・連携及び支援活動等の指導者派遣事業

活動内容

・選手たちが楽しみながら上達するトレーニングとゲームの実施
・サッカー協会主催大会への参加
・サッカー協会主催フェスティバルへの参加
・その他公共団体主催イベントへの参加
・長期休暇時の合宿・地域イベントへの参加
・他チーム、サッカー協会へ指導者派遣
・愛知県知的障がい者サッカー連盟への協力

団体登録

・公益財団法人 愛知県サッカー協会名古屋地区4種所属
・あいちNPO交流プラザ登録団体
・尾張旭市商工会会員
・尾張旭市市民活動支援センター登録団体
・尾張旭市社会福祉協議会会員

クラブ代表  鈴木理一郎 1977.10.18生 B型 埼玉県出身

大学生時代から母校(國學院大學栃木高等学校)のコーチとして指導者キャリアをスタート。同時期に外部コーチとしても越谷市内中学校で指導を続けていくうちに、プロのサッカー指導者への憧れを抱き、クーバー・コーチング・アカデミー(現クーバー・アカデミーオブコーチング)へ入学し、指導の勉強を重ねる。 卒業後はクーバー・コーチングにて11年間、関東・東海地域で5~15歳の少年少女を指導。また各県協会とのコラボレーションで、トレセン活動や協会主催行事をサポート。 2010年8月より日墨交換留学生(政府間同士の交換留学制度)として、(公財)日本サッカー協会より推薦を受けメキシコへ渡る。プロクラブ(UNAM PUMAS)での研修、メキシコサッカー連盟アカデミーでの指導、指導者養成学校でのライセンス取得など、多くの経験を積み2013年に帰国。帰国後も、メキシコU16代表サポートスタッフやメキシコサッカークリニックで日本とメキシコサッカーの掛け橋的な活動を継続。2014年3月よりClub Atletico GIRASOLを立ち上げ、             「教え子と一緒に世界大会へ出場する」                             と言う目標を掲げ、熱血指導中。

【ライセンス・受講コース】
(公財)日本サッカー協会公認B級コーチライセンス
(公財)日本サッカー協会公認ゴールキーパーC級コーチライセンス
(公財)日本サッカー協会公認キッズリーダーライセンス
メキシコサッカー連盟レベル2ライセンス
FIFA国際サッカー連盟グラスルーツコース受講
(公財)日本サッカー協会公認キッズコーチコース受講
  【指導経歴】
國學院大學栃木高等学校サッカー部
・第80回全国高校サッカー選手権大会栃木大会準優勝
・第1回関東リーグ(現プリンスリーグ関東)出場
越谷市立中央中学校
・越谷八潮トレセンスタッフ
クーバー・コーチング・サッカースクール
・11年間で2000人の選手を指導
メキシコサッカー連盟アカデミー(FMF Academia de Futbol)
・10,11,12,13,17歳のカテゴリーを担当し、全チームが半期毎のリーグ戦で3位以内を収める。
Promodep Central AC(プロモデップセントラルアスレチッククラブ)
・メキシコプロDiv3のアシスタントコーチとして、リーグ戦後半のホーム&アウエーを戦う。
    【その他】
U17日本代表
・FIFAワールドカップU17メキシコ大会において、サポートスタッフとして大会ベスト8に貢献。
U16メキシコ代表
・第14回豊田国際ユース大会において、通訳兼サポートスタッフとして大会優勝に貢献。